VIO脱毛の事前処理はどこまで剃る?全剃り?VIO脱毛前の自己処理の正しいやり方マニュアル

編集部員:はる編集部員:はる

「失敗しない」「キレイな形が作れる」VIO脱毛前の自己処理方法・形の整え方を伝授します!事前処理後の肌トラブル予防についても、しっかり紹介するのでぜひチェックしてくださいね。

よくある疑問を解決!

  • 事前処理に必要な物は?
  • どこまで事前処理すればいい?
  • どうやって形を作る?
  • 全剃りはした方がいい?
  • どれくらい長さを残すべき?
  • 剃り残しがあるとどうなる?…etc.

VIO脱毛の事前処理についてよくある疑問

VIO脱毛前の事前処理に失敗した自分の経験をもとに、「正しい自己処理方法」+「キレイな形を作るコツ」をお伝えします!

もくじ

VIO脱毛の事前処理はどこまで?VIO脱毛前の自己処理方法に関する疑問Q&A

どれくらいの長さにVIOを事前処理すればいい?

長さを残す必要はありません。

Iラインはどこまで剃る?全剃りした方がいい?

「全剃り」または「Vラインと繋がるように剃る」のがオススメです。

VIOの事前処理はどこまで剃ればいい?剃り残しがあったらどうなる?

剃り残しがあるとシェービング代を請求されたりします。

VIO脱毛前日?当日?いつまでに事前処理すればいい?

前日までに事前処理してください。

VIO脱毛前の事前処理で全剃りしたらチクチクする…

対処法を3つ紹介します。

VIO脱毛前の事前処理に毛抜きやワックスを使ってもいい?

絶対に毛抜き・ワックスは使わないください。

《VIOの剃り方》VIO脱毛前の自己処理方法と必要アイテム

用意する物

  1. ハサミ
  2. 電気シェーバー
  3. 保湿クリーム
STEP.1
ハサミやヒートカッターでアンダーヘアを短くカットする。
アンダーヘア(VIO)をカットするハサミ
\眉毛用ハサミでOK/

アンダーヘアが長い状態で剃ると、シェーバーに毛が絡まります。

「キレイに剃れない→何度も同じ部分を剃る→肌負担が大きい」

肌トラブルを起こしてしまうので、必ず短くカットしてくてくださいね。

STEP.2
アンダーヘアを希望する形に剃る。

Vライン(アンダーヘア)の形デザイン種類

STEP.3
剃る際は必ず毛の流れに沿って剃る。

《VIOの剃り方》VIO脱毛前の自己処理方法と必要アイテム

逆剃りすると高確率で肌トラブルを起こします。

必ず上から下に向かって優しく剃ってくださいね。

STEP.4
見えにくい部位は鏡を使って剃る。

鏡を使ったVIO脱毛前の自己処理方法

✅《別パターン》鏡を使ったVIO処理方法

見えにくい部位以外も、鏡を使って全体の印象を確認しながら剃ると、仕上がりがキレイですよ。

STEP.5
保湿ケアをする。

電気シェーバーは肌負担が少ないアイテムですが、ダメージゼロではありません。

手持ちの保湿クリーム・ローションでもいいので、必ず保湿ケアしましょう。

【保湿ケアについて】
花王 | スキンケアナビ | 上手な保湿ケア

《キレイな形を作る方法》VIO脱毛前の自己処理で失敗しない3つのコツ

編集部員:はる編集部員:はる

VIO脱毛完了後はアンダーヘアを元に戻したくても戻せません。絶対に失敗したくないですよね。

よかったら「失敗せずキレイな形を作る方法」を3つ紹介するので、ぜひ実践してみてください。

失敗せずキレイなVIOを作る3つのコツ

キレイに形を作る3つのコツ

  1. Vラインは全剃りで毛量調整後に形を作る
  2. IラインはVラインの形に合わせて事前処理する
  3. Oラインの事前処理はスタッフさんにお任せする

フロー

Vラインは全剃りで毛量調整後に形を作る

ハイジニーナ(パイパン)希望じゃなくても、最初の数回は全剃りして「Vライン全体を照射してもらう」のがオススメ!

Vライン全体の毛量が減る・毛が柔らかくなるので、より自然な印象に仕上がります。

全照射の回数が多いと、予期せずパイパンになってしまうので回数には注意が必要。

全照射の回数目安

  • 脱毛サロンなら3~6回
  • 医療脱毛クリニックなら1~3回

VIO脱毛では全照射する回数に要注意

1回1回、様子を見ながら「生えにくくなってきたな」と思ったら全照射をストップ!希望の形を作っていきます。

編集部員:はる編集部員:はる

どんな感じでアンダーヘアが薄くなっていくかは「《回数別の写真》VIO脱毛完了までの途中経過~実際にハイジニーナ脱毛してみました」にまとめています。毛量調整の目安にどうぞ。

Vラインの形をキレイに作るには「Vラインプレート」を使う

Vラインの事前処理には「Vラインプレート」があると簡単キレイに形が作れる

VIO脱毛前の事前処理に便利な「Vラインプレート」

Vラインプレートの使い方

  1. Vラインプレートを股上に当てる
  2. Vラインプレートからハミ出たアンダーヘアを剃る
  3. Vラインの形が完成

Amazonや楽天で「Vラインプレート」と検索してみてください。

ハートや楕円など色んな形のVラインプレートが出てきます。

編集部員:はる編集部員:はる

フリーハンドだとまったく同じ形を再現するのが難しいです。私自身はハイジニーナ脱毛したので、Vラインプレートを使いませんでしたが、形を残す方は1つあると便利ですよ。

IラインはVラインの形に合わせて事前処理する

Iラインはすべて剃ってもOK!実際にVラインは残して、Iラインは全処理する女性は多いです。

なるべく自然な印象に形に仕上げたい方は、全処理せず前から見た時の「VラインとIラインの繋がり」を、意識して剃りましょう。

Iラインを全処理でもいいですが、前から見た時に性器(Iラインの割れ目)が丸見えになってしまいます。

ナチュラルに仕上げたい方だと、「思っていたのと違う!」となる可能性大です。

Iライン割れ目が目立たない理想的な整え方

ナチュラルな感じに仕上げたい人は、「VラインとIラインが繋がる」ように剃ると◎

徐々に細くして「Iラインの手前3分の1」までで終わらせるのがポイントです。

アンダーヘアがいい感じに残るので、性器が目立ちません。

Iライン割れ目が目立たない理想的な整え方

編集部員:はる編集部員:はる

鏡を使って前から見た印象を確認しながら剃るとキレイに剃れますよ。

Oラインの事前処理はスタッフさんにお任せする

Oラインは無料で剃ってくれる脱毛サロン・医療脱毛クリニックがほとんど!

誤って肌を切ると、VIO脱毛が受けられなくなるので、スタッフさんにお任せしましょう。

Oラインは自己処理しないでスタッフに任せる

Oラインは手が届きにくく、鏡を使っても見えにくいです。

肌を切ってしまう人も少なくないので、無理せずスタッフさんにお任せしてくださいね。

《肌トラブル要注意!》VIO脱毛前の自己処理で注意すべき4つのポイント

事前処理翌日に撮った写真

VIO脱毛の事前処理で生じた肌トラブル
「肌トラブルを起こすと写真のような状態に…」
編集部員:はる編集部員:はる

実は私、事前処理に失敗して肌トラブルを起こした経験があります。痒いし見た目がグロいしで本当に辛かったのです。

自分の失敗経験をもとに、「どんな点に注意して事前処理すべきか」安全な剃り方をレクチャーしますね。

安全に剃る方法・コツ

  1. アンダーヘアを逆さに剃らない
  2. お風呂の後に事前処理する
  3. 電気シェーバーで事前処理する
  4. 保湿剤と綿100%の下着を用意する

フロー

①絶対にアンダーヘアを逆さに剃らない

《VIOの剃り方》VIO脱毛前の自己処理方法と必要アイテム

デリケートゾーンの皮膚は他の部位と比べても薄くデリケートなので、逆剃りすると高確率で肌トラブルを起こします。

事前処理は普段のムダ毛ケアと違って、キレイに剃る必要はありません。必ず毛の流れに沿って剃りましょう。

逆剃りするとキレイに剃れますが肌への負担大!

とくにデリケートゾーンは皮膚が薄いので腕や足と同じ感覚で事前処理すると、肌トラブルを起こす可能性が高いです。

実際に私は「大丈夫でしょ」と逆剃りしてしまい、肌トラブルを起こしてしまいました…

編集部員:はる編集部員:はる

毛の流れに沿って剃ると、見た目が少し汚いです。黒いブツブツ感も残りますが、VIO脱毛を受ける上ではまったく問題ないので、逆剃りだけはしないでくださいね。

②お風呂の後にVIO脱毛前の事前処理をする

VIO脱毛前の事前処理はお風呂の後にする

事前処理のタイミングはお風呂上がりがベスト!

お風呂上がりは肌とアンダーヘアが柔らかくなっているため処理しやすいです。

何らかの事情でお風呂上がりに事前処理できない場合は、ホットタオルで肌とアンダーヘアを温めると◎

お風呂上がりと同じ効果が得られますよ。

③VIO脱毛前の事前処理には電気シェーバーを使用する

デリケートゾーンの自己処理は電気シェーバーで!毛抜きやカミソリはNG

①カミソリ 肌負担が大きいので、使わない方がいい。
②電気シェーバー 肌への負担が少ないので、事前処理に最適。
③毛抜き・ワックス 脱毛効果が無くなるので、絶対に使ってはいけない。

カミソリでもVIOを事前処理できますが、肌トラブルリスクが高いのでオススメできません。

私自身が事前処理で肌トラブルを起こした時に、使用していたのもカミソリでした。

カミソリと比べると少し高いですが、デリケートなVIOは電気シェーバーを使って事前処理してくださいね。

編集部員:はる編集部員:はる

とくにオススメなのはデリケートゾーン専用シェーバー。熱で焼き切るので「事前処理後にチクチクしない」、小回りが利くので「細かい部分もキレイに剃れる」ので、1本あるとスゴく便利ですよ。

デリケートゾーン専用シェーバー(Vライン・Iライントリマー)

処理後のチクチク軽減度
長さ調整のしやすさ度
剃りやすさ度
価格帯
口コミ
総合評価 20 / 25 点
特徴・メリット商品金額
悪い点

Vライントリマーの特徴

  • 事前処理後にチクチクしにくい
  • 伸びた毛が下着から突き出ない

Iラインシェーバーの特徴

  • 小回りが利くので細かい部分の処理も楽々
  • 肌の上を撫でるように滑らすだけで剃れる
  • 深剃りしにくいデザイン

アンダーヘアを剃る・形を整える・毛量調整すべて可能です。

商品 金額
(税込)
Vライントリマー 4,191円
Iラインシェーバー 4,380円
Vライントリマー&Iラインシェーバーのセット 8,240円
(セットだと331円割引)

デメリット

  • 機能性が高い分ドラッグストアなどで、1本数百円で購入できるカミソリと比べると値段が高い
編集部員:はる編集部員:はる

安いカミソリで事前処理して、肌トラブル起こすと「VIO脱毛はキャンセル」「皮膚科通いになる」「痒くてどうしようもなくなる」などの恐れがあります。少し高くてもデリケートゾーン専用シェーバーがオススメですよ。

事前処理後チクチクしない
公式サイトでチェックする
剃る・形を整える・毛量調整オールOK

④VIO脱毛前の事前処理後は保湿剤&綿100%の下着を用意

アンダーヘアの事前処理後しばらくはチクチクした痒みに襲われる可能性大!

保湿剤と綿100%の下着があると痒みが緩和されるので、用意しておくのをオススメします。

デリケートゾーンは皮膚が薄い上に、普段はアンダーヘアに覆われているため刺激に弱いです。

事前処理から1~2日すると、伸びかけの毛による刺激でチクチクした痒みが生じる方が多いので、保湿剤&綿100%の下着を準備しておきましょう。

VIO脱毛前の事前処理後は保湿剤&コットン100%のショーツが良い

  • 保湿剤…敏感になっている肌を保護する
  • 綿100%の下着…化学繊維の下着と比べると摩擦が少ないので肌に優しい。少しゆったりめサイズを選ぶと更に◎
編集部員:はる編集部員:はる

痒いのは最初だけ!何度かVIO脱毛を受けると毛が細く柔らかくなるので、チクチクしなくなります。私は2~3回でまったくチクチクしなくなったので、安心してくださいね。

《なぜ事前処理するの?》VIO脱毛前に自己処理する3つの理由

編集部員:はる編集部員:はる

「何でアンダーヘアを事前処理しなきゃダメなの?」と思っている方に、事前処理が必要な3つの理由を説明しますね。

事前処理が必要な理由

  1. 施術時間を短くするため
  2. 脱毛効果を高めるため
  3. 費用を安くするため

フロー

①VIO脱毛前の事前処理は施術時間を短くする

VIO脱毛前の事前処理で施術時間を短縮できて予約も取りやすくなる

アンダーヘアが事前処理済みだと施術時間が短縮。

より多くの利用者を受け入れられるので、予約も取りやすくなります。

利用者が事前処理しないと、スタッフさんは「施術+ムダ毛処理」をしないといけなくなるので、1人あたりの施術時間が長くなってしまいます。

1人あたりの施術時間が長くなってしまうと次のお客さんに影響したり、予約枠に余裕が無くなってしまう恐れも…

編集部員:はる編集部員:はる

デリケートゾーンのムダ毛処理は難しいですが時間短縮のため、できる範囲は自分で事前処理しましょう。

②VIO脱毛前の事前処理は効果を高める

長い毛よりも短い毛の方が、レーザーの熱エネルギーが毛根へ集中して届くので脱毛効果がアップ!

逆に毛が長いままだと、熱エネルギーが分散するので、脱毛効果が下がります。

脱毛機から照射されるフラッシュ・レーザーが毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応し熱が発生。

発生した熱によって毛根へダメージを与え、ムダ毛を生えなくさせるのが、脱毛の基本的な仕組みです。

編集部員:はる編集部員:はる

つまり「黒」に反応するので、伸びた余分なアンダーヘアは剃った方が、必要な部分へ熱エネルギーが集中。効率的にVIO脱毛ができるのです。

③VIO脱毛前の事前処理は費用を安くする

vio脱毛前の事前処理で剃り残すと費用がかかる!しっかり処理して費用を安くしよう

事前処理の剃り残しがあると、別途シェービング代が発生する脱毛サロン・医療脱毛クリニックがほとんど!

剃り残しがあまりに多いと、VIO脱毛を断られるケースもあります。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックごとに剃り残しへの対応は異なります。

  • ちょっとした剃り残しであれば無料で剃ってくれる
  • 剃り残しは問答無用でシェービング代が発生する
  • VIO脱毛を断られる…etc.
編集部員:はる編集部員:はる

シェービング代は平均1回500~2,000円など、お店ごとにバラツキがありますが、毎回となると痛い出費です。剃り残しがないよう、しっかりチェックしてくださいね。

正しい事前処理をマスターしたらあとは実際にVIO脱毛を受けるだけ!

事前処理が面倒なのは最初だけ!脱毛サロン・医療脱毛クリニックでVIO脱毛を受けるたびに、ドンドン事前処理は楽になります。

最初のうちは「事前処理面倒だな…」と思いますが、VIO脱毛を受けるたびに、アンダーヘアは徐々に薄く生えにくくなっていきます。

何度かVIO脱毛を受ければ「ササッと剃るだけ」で事前処理が完了!

最終的にはムダ毛処理しなくても、常にキレイなデリケートゾーンが手に入ります。

編集部員:はる編集部員:はる

「まだVIO脱毛に通うお店を決めていない」のであれば、下記にまとめた「VIO脱毛のお試しプラン」を要チェック!気軽に試しながら、自分にピッタリの脱毛店を見つけるのも1つの手ですよ。

フロー

VIO脱毛お試しプラン

Leave a Comment