《3年以上使って検証》効果高いおすすめ家庭用脱毛器はどれ?買って損しなかったコスパ最強の家庭用脱毛器を紹介

編集部員:はる編集部員:はる

「効果が高い家庭用脱毛器はどれなのか」自分の肌とムダ毛で徹底検証!私が「ほぼ自己処理ゼロ」になれた家庭用脱毛器を紹介します。

この記事でわかること

  • 家庭用脱毛器の種類と選び方
  • 効果が高い家庭用脱毛器の見分け方
  • 実際に使って効果が高かった脱毛器

家庭用脱毛器は安い物だと1万円前後、高い物だと10万円前後します。

「できれば安い方がいいけど効果ないのは困るな…コスパがいいのはどれなんだろう」と悩んでいる方必見です。

家庭用脱毛器の種類と選び方とは?

一口に「家庭用脱毛器」と言っても、色んな種類があります。

使い勝手の良さも全然違うので、値段だけ見て選ばない方がいいです。

簡単に家庭用脱毛器の違いを紹介しますね。

「違い」はココに注目!

  • 脱毛方式の違い
  • 使い勝手の良さ
  • 脱毛器の使用人数

脱毛方式の違いで選ぶ

家庭用脱毛器の種類は、2つの方式に分かれます。

  1. フラッシュ方式
  2. レーザー方式

基本的には「フラッシュ方式」が採用されているケースが多いです。

フラッシュ方式(IPL方式)

フラッシュ方式とは、主に脱毛サロンで採用されている脱毛方法。

光脱毛の中でも「IPL方式」は、濃く太い毛への効果がバツグンに高いのが特徴。

私自身もIPL方式の家庭用脱毛器を使っています。

レーザー方式

レーザー方式とは、主に医療脱毛クリニックで採用されている脱毛方法。

レーザーの種類は医療用と同じですが、家庭で素人が使えるぐらいの出力(パワー)に抑えられています。

家庭用脱毛器に関しては、「フラッシュ方式」も「レーザー方式」も、効果に大きな差はないと考えると◎

編集部員:はる編集部員:はる

「毛を抜くタイプ」や「毛を焼き切るタイプ」の家庭用脱毛器には、脱毛サロンのような効果は一切ないので注意してくださいね。

使い勝手の良さで選ぶ

どの家庭用脱毛器を選ぶかで、使い勝手の良さに差が出ます。

注目は「1度に照射できる面積」と「照射レベルの調整機能」です。

照射面積が大きいとスピーディーに照射できる

家庭用脱毛器ケノンの照射面積

照射面積とは写真のガラス部分。

このガラス部分が大きいと、1度に広範囲を照射できるのでお手入れが楽です。

逆にガラス部分が小さいと、1度に狭い範囲しか照射できないので、お手入れ時間が長くかなり手間がかかります。

安い脱毛機は照射面積が小さいケースが多いです。

細かく照射レベルを調整できる機種ならVIOも安心

家庭用脱毛器ケノンの照射レベル調整機能

細かく照射レベルを調整できる機種だと、デリケートな部位(VIOや顔)も安心!

肌の丈夫さや、痛みの感じ方は人それぞれ。

細かく照射レベルを調整できると、自分に合った出力で、肌トラブルを避けながらお手入れできるからです。

安い脱毛機の多くは、照射レベルを細かく設定できません。

編集部員:はる編集部員:はる

安い家庭用脱毛器だと、「1回のお手入れ時間が長い」ですし「出力の調整があまりできない」です。

何回か使っているうちに、面倒になって使わなくなったり、買い替えたりする人も少なくないです。

使用人数で選ぶ

家庭用脱毛器はカートリッジの「交換必要タイプ」と「交換不要タイプ」があります。

どちらを選ぶかは好み次第ですが、家族や友達とシェアして使うなら、「交換必要タイプ」が断然オススメです。

カートリッジ交換タイプは衛生的

フチの汚れが酷い…

家庭用脱毛器ケノンの汚れ

脱毛器を何ヶ月か使っていると、照射口がかなり汚れます。

交換必要タイプなら、「夫専用」「妻専用」など専用カートリッジを作って、都度付け替えられるので衛生的です。

編集部員:はる編集部員:はる

家庭用脱毛器が1台あれば、家族みんなでシェアできるコスパの良さも◎

効果が高い家庭用脱毛器を見分けるコツは?

家庭用脱毛器の効果は「ジュール(出力)の高さ」が左右します。

効果の高い家庭用脱毛器を選びたいなら、「出力の高い脱毛器」を選べばOKです。

ただ困ったことに、どの脱毛器メーカーも出力は基本非公開。

出力の高さで選べなかったかったので、私は下記3点を比較して家庭用脱毛器を選びました。

比較チェックポイント!

  1. 脱毛器は国産なのか?
  2. 替えカートリッジはあるのか?
  3. 本体とハンディが別になっているか?

日本人の肌に合った国産(日本製)脱毛器メーカー

国産(日本製)脱毛器は日本人の肌質・毛質を徹底的に調べて作られています。

海外製=ダメとは言いませんが、やはり日本人の肌質・毛質をより深く理解しているのは日本メーカーです。

厳しい日本の安全基準を満たしているので、壊れにくいのも高ポイント!

実際に私が持っている国産脱毛器は、2017年に購入して今なお現役ですよ。

照射回数が多くて替えカートリッジがある脱毛器

家庭用脱毛器ケノンのカートリッジ交換

家庭用脱毛器の効果は、「照射回数」に比例します。

使い続けると、ドンドン毛が薄く生えにくくなるのですが、脱毛器には「照射可能な回数」が決まっています。

照射可能な回数が多く、なおかつ替えカートリッジがある脱毛器を選ぶと安心です。

照射残りゼロになったら…

  • 替えカートリッジあり…数千円でカートリッジだけを再購入可
  • 替えカートリッジなし…本体を数万円で再購入(※)

※「替えカートリッジなし」は使い捨ての脱毛器と考えると◎

ハンディタイプじゃない家庭用脱毛器はパワフル

家庭用脱毛器ケノンの本体とハンディ

高出力で高い効果を発揮する可能性が高い脱毛器は、本体とハンディが別の「据え置きタイプ」です。

家庭用脱毛器には「ハンディタイプ」と、「据え置きタイプ」があります。

ハンディタイプは持ち運びに便利ですが、本体が小さいのでコンデンサの数が少ないケースがほとんど。

効果の高さを優先するなら、「本体とハンディが別タイプ」がオススメです。

コンデンサとは?

コンデンサとは電気を蓄えたり、放出したりする電子部品。

コンデンサの数が多いと、1度に放出できる照射量が多くなるので、脱毛器の出力(パワー)も高くなります。

編集部員:はる編集部員:はる

「完全国産」「替えカートリッジ有」「本体とハンディ別」の条件を満たす、効果の高い脱毛器は複数ありますが、私が選んだのはケノン!

値段も含めて比較した結果、1番コスパがよかったからです。

家庭用脱毛器の効果比較表

私が選んだケノンは「中間~少し高め」の価格帯。

ズバ抜けた安さはありませんが、長い目で見たら1番お得だったので選びました。

人気家庭用脱毛器の機能性・価格を比較一覧表にまとめたので、チェックしてみてください。

比較表の重要チェックポイント!

  • 替えカートリッジがない機種は「使い捨て」になる
  • 「本体とハンディ別」の機種はパワフル
  • 細かく照射レベルを調整できると肌に安心
  • 照射面積が大きい方が1回のお手入れ時間が短い

税込み表示に変更する
※現在は「税抜き価格」が表示されています。
小数点以下は切り捨て表示しています。

比較項目 ケノン ヤーマン
レイボーテグランデ
Teidon トリア
パーソナルレーザー脱毛器
脱毛ラボ
HomeEdition
ブラウン
シルク・エキスパート
LAVIE(ラヴィ)
金額 61,636 108,000 9,999円(※) 40,530 64,980 68,980円(※) 49,800
脱毛方式 フラッシュ方式 フラッシュ方式 フラッシュ方式 レーザー方式 フラッシュ方式 フラッシュ方式 フラッシュ方式
製造元 日本製 日本製 海外製 海外製 大手脱毛サロン 海外製 日本製
替えカートリッジ あり あり なし なし なし あり あり
本体の仕様 本体とハンディ別 本体とハンディ別 ハンディタイプ ハンディタイプ ハンディタイプ ハンディタイプ 本体とハンディ別
照射レベル調整 10段階 10段階 5段階 5段階 5段階 10段階 7段階
照射可能
回数
最大300万発 最大60万発 最大60万発 不明
電池の寿命が
切れたら終わり
最大30万発 最大40万発 最大10.5万回
照射面積 最大3.7×2.5cm 最大2.6×12.5cm メーカー不掲載 直径1cm(円型) 1.36cm×3.06cm メーカー不掲載 3cm x 2cm

※公式サイトに記載がないので、Amazonの現在価格を記載しています。

編集部員:はる編集部員:はる

安い家庭用脱毛器にも惹かれましたが、1万円前後の商品は説明欄が怪しい日本語でいっぱい。

口コミ自体は悪くなかったですが、製造メーカーもどこなのか全然わからない脱毛器ばかり。

「万が一肌トラブルを起こして、肌に跡が残ったら逆に高くつくな」と思ったのでやめました。

家庭用脱毛器おすすめNo.1ケノン

家庭用脱毛器ケノン公式サイト

公式サイトは少し怪しい雰囲気がありますが効果は本物。

私は2017年に購入して、今では年に1回照射するだけで、全身ツルツル肌をキープできています。

現在は私と夫で使っていますが、将来的には子供たちにも使用予定。半永久的に使えるコスパの良さも気に入っています。

安心・安全の日本製
ケノン公式サイトを
チェックする

自宅でエステサロン級の効果!

私はたくさんたくさん悩んでケノンを選びました

私が最後まで迷ったのは、「ケノン」「ヤーマン」「ラヴィ」の3つ。

とくにケノンかヤーマンかで迷いましたが、最終的にはケノンを選択。

理由は「機能(効果)と値段のバランスが1番よかった」からです。

税込み表示に変更する
※現在は「税抜き価格」が表示されています。
小数点以下は切り捨て表示しています。
右にスクロールしてください。

脱毛器の種類 ケノン ヤーマン
レイボーテグランデ
LAVIE(ラヴィ)
メリット 照射面積以外は「ヤーマン」に引けを取らない高機能さ。 家庭用脱毛器の中では1番高機能 検討した中では1番安い
デメリット 高機能なのに比較的リーズナブルな値段 値段が高すぎる 機能面では「ケノン」「ヤーマン」に劣る
金額 61,636 108,000 49,800

ケノンはヤーマンより1回の照射面積が小さいので、お手入れ時間が少し長いです。

少し手間はかかりますが、お手入れ時間にさえ目をつぶれば、値段は「46,364円」も安くなります。

「美容家電に10万円は辛い。お手入れ時間は多少長くなってもいいから安いケノンにしよう」と思ったのが最大の決め手です。

編集部員:はる編集部員:はる

私はケノンを選びましたが、「優先事項」によっては、他脱毛器を検討すると◎

  • 「短時間」優先ならヤーマン
  • 「機能面より安さ」重視ならラヴィ…etc.

自分にピッタリの家庭用脱毛器を見つけてくださいね。

安心・安全の完全日本製
ケノン公式サイトを
チェックする

自宅でエステサロン級の効果!

Leave a Comment